So-net無料ブログ作成

向井滋春Jazzライブ2020 [音楽]

向井滋春さんというジャズトロンボーン奏者に出会い、その楽器の不思議さに魅せられ、好きでなかった管楽器サックス・トランペットまでもその音色の虜になって7年が経ちました。

この日はJazzを聴くのが初めてという友人も混じえ、音楽通の南野ご夫妻、総勢8人でロイヤルホースのかぶりつき席で音の嵐を満喫してきました。jazzは演奏者同士が楽しそうに掛け合って音楽を作っていくのが、聴く側により面白みを増して、魅了される素敵な空間になっていくのかと思います♪

DSC_0614c.jpg

DSC_0624c.jpg
向井滋春(Tb) 

DSC_0611c.jpg
竹下清志(P) 

DSC_0616cc.jpg
荒玉哲郎(B) 

DSC_0612c.jpg
森下啓(Ds)

今夜はピアノの竹下さん、音が自由に駆け回り、力強いし華麗だし冴えて冴えて圧巻でした。荒玉さんも卓越した撥さばき流麗で繊細 向井さんのトロンボーンはやっぱり豪放で抜け落ちそうで魅力的、森下啓さんはお初でしたが情熱とそしてso cool ♪

大好きな【Dear Old Stocholm】それに向井さんオリジナル【Tone Whole 】も流れでて、こんな素敵なJazzメンと、一緒に楽しい夜を過ごしてくれた友人達に感謝ですヽ(^▽^)丿

★カメラの調子がいまいちで(;´∀`)

nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

歌劇「アイーダ」 [音楽]

今まで範疇になかったオペラを新しくなったフェニーチェ堺へ観に行きました。 

フライヤーc.jpg

昨年の夏に友人が薦めてくれた「SALOME」のDVDを観て以来オペラも面白いんだと思えていました。
この「AIDA」全4幕の演出をしている粟国淳さんは、この日東京の新国立オペラでプッチーニ の《ラ・ボエーム》の演出があったため舞台への登場はなく、お会い出来なかったのですが、オペラを勧めてくれた友人は粟国淳さんとお母さまの粟国悠子さんとは、共にイタリア在住以来の友人で、長年懇意にしていて私もお目にかかれました。美しく素敵な方で私の拙いこの日の「AIDA」や「SALOME」への想いも聴いてくださいました。この日に東京へ帰られるので、ロビーでの束の間でしたがオペラのお話も出来て楽しかったのです。

友人は招待されていて1階の特別席でしたが、私は3階の庶民席( *´д)/(´д`、)でしたが、前に席がなく舞台全体を眺められ満足でした。
IMG_1724c.jpg

写真が撮れないのが残念ですが、舞台が開けると多角形のなだらかな段差が3段あるボード?が右手に広がり、快い位置に人物が配置され、簡潔で広がりのある空間が装置されていました。
物語の内容はアイーダがエジプトで祖国エチオピアと恋人ラダメスとの間で苦悩し、ふたりで死を選ぶ物語ですが(詳しくはWikipediaででもご覧ください )いくら天国の扉が開かれ光が射しているといっても、ハッピーエンドを望むわけではないけれど、ふたりが一緒になるのは、死しかないのかなーと虚しく儚く、必ずしも死が最終手段で美しいとも思えないので、オペラは喜劇もありますが殆どが悲劇だと言われているし、この先耐えられるかなぁ~と思ったりします。でも、岩穴で最後の思いの丈を交叉させるシーンは感極まり胸に迫り来るものがありました。全ての出演者の立ち居振舞いが洗練されて美しく、歌唱も秀逸で解らないイタリア語だけど説得力がありました。
粟国淳さんが「オペラは面白い」と言っておられるのですが、確かに心打ち、垣間見られるhazamaはあります。

下記抜粋です。
agunim.JPG


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

垣間見れるikimono [音楽]

生の音楽を聴く機会を逃しているのですが、素晴らしいオーディオシステムをお持ちの ♪オヤッグサウンド♪ 南野勝さん宅へお邪魔してきました。何千枚というレコードが待ち受けてくれます。。

IMG_1614c.jpg

ご自慢のターンテーブル、最高峰のトーレンスプレステージが故障して入院していましたが、リンLP12というプレーヤーとSX8000Ⅱで楽しませていただきました♪♪。

lin.jpg

これは2018年かな?にリリースされた↓↓「ETREENE」というLPレコードです。ソングリストはいぜ~んのものですが、やっぱり最近の上質なピュアな音がします。。価格もお高めヾ(≧▽≦)ノ。 

IMG_1613c.jpg

以前聴いて感動したBACCHUS SWING 【YUZURU SERA】もかけて頂きましたが、同じあのシンプルな樹の音は聞こえてこないのです。

yuzyruc.jpg

そういった不思議なikimonoは、いつもいつも聴こえ見えるものではなく、南野さんのオーディオシステムに、また、以前サロメのDVDに観た、ヨカナーンの首を抱きながら、包まれた布の中には、まだヨカナーンの身体がサロメと共に在るような動きが感じられ、あーサロメはヨカナーンの首などを望んだのではなく、彼の全てを欲したのだと感じさせた、その場面をもう一度見ようと何度も何度も探したのですが、同じ動きをする場面にどうしても行き当らない、現れないのです。。嘗て当方のベランダで咲いていたゼラニュームの朱色などにも、その不思議を観させ、聴かせる、そんな力をそれらは孕んでいるけれど、聴き観る側の状況と共に、その時・際(きわ)しかないのだと、また思い知らされました。。あっーと、するりと抜け落ちるのです。

やはり南野さんのオーディオ、サロメのDVDにはhazamaの生き物を垣間見せる不思議な際(きわ)が存在する優秀な芸術作品だと思っています。

そして、、
この夏の終わりから個展をはじめ次々作品展が続き、その間に最愛の友人が急に逝ってしまったりで、心身とも疲弊し、パソコン、iPhone等も体を固める原因かと思っていますが、いろんな体の部分が悲鳴を上げている感じがしていました。
この日マッサージ師の小林 一尚さんも来ていただいていて、初めて本格的なマッサージを受けました。、今は快適に体はすっかり軽くなった模様です。

そうです、このCDは【Massarge & Spa】全く癒しの音が流れてくるのです。

massagec.jpg

右端の男性が小林師、音楽にも造詣深くやはり音に敏感で、ピアノ・ボーカルでライブもされています。

IMG_1620c.jpg

小林師有難うございました。すっかり良くなっています。
PCするとまた体固まってきます。早々に切り上げなくてはヾ(≧▽≦)ノ

nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

超豪華なオーディオルーム [音楽]

超豪華なオーディオルームへ2度目の訪問をさせていただきました♪♪

c1a.jpg

長い時間お邪魔するのですが、あーと過ぎ去る音の饗宴です[ムード]

caa.jpg

何千枚というレコードが待ってくれています♪(*^▽^*)♪ このコーナーは麗しい女性ボーカルが集っていますね(∩´∀`)∩

c5a.jpg

またこの部屋には主人を守るikimono「座敷わらし」が居るということですが、たった二度の訪問では相まみえることは出来なかったです(;´∀`)、訪問が重なれば今後きっと一緒に遊んでくれる日が来ると信じています(^▽^)y-.。o○。
そして部屋の一隅にikimono「つくばい」の不思議な存在があるのです。ずーと沈黙を続けていた「つくばい」なのですが、優しい言葉をかけ愛でると、ひと時の涼しげな語りをはじめました♪♪。
アクセスしてみて下さい。
https://www.facebook.com/100006874934789/videos/2310507859188356/?t=9

魅了される音の不思議だけではなくこの部屋には不思議なikimonoとの遭遇に満ちています。とても楽しいのです[目がハート]

それとoyagサウンド南野さんからこの二人掛けのソファー↓↓を貰ってくれる方へのメッセージがあります。

sa.jpg

【1ヶ月ほど前に購入した2人がけのソファーですが、大きすぎるので処分を検討しております。
どなたか取りに来られる方に差し上げます。2個あります。大阪府下でしたら持って行きます(^^)
ほぼ新品です。どなたかもらってください[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
と申しております。

☆このソファーは既に行き方が決まりました。


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

SALOME サロメ [音楽]

年代もののオーディオスピーカーからとうとう雑音が聞こえだし、先日、日本橋まで出向いてスピーカーとターンテーブルを新調しました♪ヽ(^▽^)ノ♪。たいしたシステムではないのでCDはそれ程変わり映えしないような音ですが、レコードは良い音に変身したようで嬉しいのです(∩´∀`)∩。先代が集めたレコードはちょと検証してみましたが、レーベルのところにも殆ど傷などないし、大事に聴いていたと思えます。先般お邪魔したOYAGサウンドの南野さんも【ELLA and LOUIS】のレコードでしたがとてもいい状態だと言ってくださっていました。まだこの画像の他に何百枚のレコードあるのです(;´∀`)。これから少しづづ制覇していこうと思っています(^♪^)/。

DSC_0180c.jpg

そんな折友人がたまたまDVDを数枚持って現れ、その中の舞台装置・演出が抽象的で私好みかもしれないとこの【SALOME】を薦めてくれました、どうかなと。。

salome.jpg

オペラは殆ど観たことがないのですが、、この【サロメ】は装置もとても単純で一場面しかなく、特にそこでのサロメの預言者ヨカナーンへの想いが、サロメの表情が、刻々と変貌していく様は恐ろしくもあり美しく、ヨカナーンの首を抱きながら包まれた布の中にはまだヨカナーンの身体がサロメと共に在るような動きが感じられ、ドイツ語はわからないけれどヨカナーンへの振り向いてもらえなかった想いが切々と語られ謡われ、多分、それだけ自由に想像出来て胸迫る想いがありました。。王の前で踊るサロメの妖艶な舞いにもただならぬ殺気と意志があり、オペラ【SALOME】がこんなにも胸打たれるものだったとは!もう少しDVDもしっかり観てこの物語にも拘ってみようと思うのです!

絵画にも多く描かれ残酷な【SALOME】のイメージは完全に払拭されましたが、この場面でその血の色はとても赤いとされる”猩々緋”(ショウジョウヒ)を想いおこさせられました。

それと同時に想いが達せられなかったことで古今東西“”男””を残酷に殺す物語は沢山ありますが、その焔に想いを寄せ馳せることはできます。。。。。

nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「高槻JAZZ STREET 2019」 [音楽]

急に思い立って「高槻JAZZ STREET 2019」へ行ってきました。
このところお天気不順でしたが、とても良いお天気で最高のジャスストリートになり良かったです。街中が、鉄道高架下・教会庭・小学校校庭etc.解放されて音楽の渦に巻き込まれています。
お目当てはおなじみ【宮下博行トリオ#3】

trio.jpg


miyasita1.jpg
宮下博行(P)


base.jpg
斎藤 敬司郎(B)


d.jpg
松田“GORI”広士(Dr)


お昼すぎから高槻現代劇場文化ホール3Fレセプションルームへ駆けつけ聴いていました。
会場は超満員でしたが宮下トリオまでにはなんとか最前列に座れましたヽ(^▽^)丿。
ここの音響はとても良く宮下さんのピアノはますます冴えて美しく迫り来る波動も抜群でした。宮下さんのピアノに匹敵したドラム【松田“GORI”広士】さんをフィーチャーしての最後の曲【Meeting3】 は圧巻でした。ゴリさん神業でした!!。また4番目の【Answer is Love】は【Setting on standard】でリリースされたCDで初めてを聴いた時、【不安のなか開ける未来の予感があって深い愛を感じさせられた】のを思い出し、生で聴けて想いを新たにしました。ベースの斎藤 敬司郎さんも素晴らしい音回しで、本当に最高のトリオでした。トリオの皆さん本当に有難うございました。

セットリストは以下の通りでした。
1 Your Call Stop Me
2 Moon River
3 Girl from Ipanema
4 Answer is Love
5 Meeting3
宮下氏オリジナル1.4.5と、昨年出たトリオ#3のCD "Setting on standard" からの2.3でした。

HIROYUKI MIYASITA HPはこちら
CDお求めは、Amazon, Disk Union 各店、ライブ会場
直接メール hiro-sound@music_email.ne.jp

nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

レコードの魅力 [音楽]

当方には先代が集めていたレコード・CDがそこそこあって、特にレコードはサイズも大きく保存にかなりのスペースを占めています。めったにレコードをかけることもないけれど、レコード好きの友人がやって来た時『やっぱりアナログの音は良いな~』と言います。この当方の何ともごく平凡なプレーヤの音でさえ♪

ところがこのところ他所でレコードを聴く機会があって、そこでお世話をしておられる南野勝さんがレコードのための素晴らしいオーディーオシステムをお持ちで、そこでの音を聴かせてくださるというので、試聴させて頂きました。
oyag1.jpg

それはもう聞きしに勝るもので、家の土台から、真空管のこと、針圧のことetc.etc.、それに人間が聞こえない上下の音域を取り込んでいること、これって凄いと思いました。
oyag2.jpg


さて、さて、試聴の洗礼は【Julie London】
臨場感そのもの、目の前に実在の彼女の姿がある様な、いいなー♪いいなー♪ 自然と拍手をしてしまいます。その後日本人女性のJAZZ'ボーカルを2枚聴いた後~。。。
j.jpg


BACCHUS SWING 【YUZURU SERA】が流れ始めました。
069B0044-7895-48F6-8BBA-40021D945695.jpgc.jpg

sera1.jpg

この世良譲さんのピアノを聴いている時、高音部にふと樹その物の音が感じられ、この今流れているピアノの音は嘗て自然のなかにあったあの樹自身の音ではないのか、その樹の音がどんどん私の中に流れはじめ、体中一杯一杯になって打ち続けられ振動し初めました。その音はまた私が幼い頃弾いていたピアノと同じ音を思い出させました。そして不覚にも涙が溢れてしまったのです。こんな経験は初めてでした。樹々の音が私を呼び覚まし深い森へ誘い、樹々の音霊が体の中を駆け巡ったのかなと思ったりします。不思議な想い、、経験でした。世良さんのピアノと、この本当に素晴らしい人間の聴覚の音域を超えた部分を取り込んで感じさせる、システムのなさせた不思議なのかなーと今は思っています。


私も数枚持参しました。その一枚がこちら
【Ella And Louis】
ella1.jpg

エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)と、サッチモ(Louis Armstrong)ヴォーカル兼トランペット奏者、との共演盤です。1956年仕様。
Oscar Peterson)ピアノ Herb Ellis)ギター Ray Brown)ベース Buddy Rich)ドラムス

実はこのレコード私は聴いたことがなかったのですが、何気に持っていったのを大変に気に入られすっごく嬉しい顔をなさって、名盤だそうです。しかもレコードはとてもいい状態で音もすごく良かったのです。


その後もBill Evans
bc.jpg

Thelonious Sphere Monk等々
sc.jpg

たっぷりと遅い時間まで音の饗宴を楽しませて頂きました。未だに酔っています(;´∀`)
南野さん有難うございます。いろんな技術をお持ちの優しい方でした(*´▽`*)。

それに南野さんはレコードクリーナーをご自身で開発されて、ヨドバシカメラAKIBA店等で
『OYAG』製品として販売されています。↓↓クリックして下さい。リンクしています。
oyagc1.jpg

nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

Andrea Bocelli『LIVE IN TUSCANI』 [音楽]

前記事の男の子は元気になって、この22日の終了式に出席します。ご心配頂いた皆様有難うございました。

この男の子の気分を変えた『Andrea Bocelli 』をYouTube聴きまくっていたら、『LIVE IN TUSCANI』に巡り遭いました。なんと大好きな Saxophonist 『Kenny G 』・ Pianist『Lang Lang』まで出演しているのです。それにトスカーナーは20年も前に訪れ魅了され、特別な想いがあります。夏でしたが、幾重にも続く緑豊かな丘陵が眺められ、素晴らしい風景が広がっていました。歴史ある地方です。彼の故郷TUSCANIでのAndrea ぜひぜひ聞いてください。

(途中から再生されることがあります、初めに戻してください。トスカーナーの風景も見られます)


☆最近音楽に憑かれているような?
以前の絵画と音楽のこと」の記事に何故か『Kenny G 』の画像が貼ってあります(;´∀`)

nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

Can't Help Falling In Love [音楽]

入院中の13歳の男の子のお見舞いに行き、3時間ほど彼の傍に付きそうことになりました。とてもしんどくて何を聞いても『ううぅん』と言うだけで、暫くそんな状態でしたが『音楽流しても良い?』というと『うん』と頷いたので、「Can't Help Falling In Love」 Elvis Presley じゃない、こちらAndrea Bocelli を一緒に画像見ながら流しました。すると顔色がぱーと変わってにっこりしたのです。それから少し笑って話をすることができました。
I can't help shedding tears to Andrea's Song♬


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

ベートーベン交響曲第5番『運命』 [音楽]

堺市立栂文化会館ホールで行われた堺フィルハーモニー交響楽団<スプリング・コンサート>を聴きに行ってきました。

img003cc.jpg

img001.jpg
img003.jpg
演目は以上↑↑です。

指揮は森香織さん、堺フィルハーモニーはアマチュア交響楽団なのだそうですが、洗練されていて素晴らしい演奏でした。
特にベートーベンの第5番『運命』は秀逸で、第一楽章は生まれくる力強い振動と若さが感じられ、第2楽章は軽快なリズムに刻まれた、心地よい振動に惹き込まれます、第3楽章は成熟したリズムに乗っていろんな波音が聞こえ、いろんなものが色彩を持って描かれ交差し、躍動感が一緒に踊りたくなる世界へ連れ込み、その空間に呼び込まれ巻き込まれてしまう感覚があり、とても大切な楽章だと思いました、第4楽章は波音と色彩がより振動を持って華麗に大胆に全てを包み込んでひとつにしてしまう、そんな楽章でした。勿論ダイナミックなのですが、とても大らかな曲だったんだと気づきました、第2・3楽章はリズムに合わせて体を刻んでいると3拍子のリズムがあって、踊りたくなってくるのです。第2・3楽章は3拍子だったんだと思って、後でWikipediaを見ると第1楽章は2/4拍子・第2楽章は3/8拍子・第3楽章は3/4拍子・第4楽章は4/4拍子とありました。やっぱり~♪♪ 今までちゃんと聴いてなかったんですね(;´∀`)、、、それで踊りたくなったんだと納得したのです♪♪ 指揮者の方も程よいパーフォーマンスでとても美しく素敵でした。指揮者ってこの多彩な音の振動を統率し自分自身陶酔できるのかもしれない、、、いいな~♪♪と思いました。
第5番がこんな曲だったなんて、堺フィルが良かったのか、ベートーベンがさすがなのかわかりませんが、今回はきっちり自分の中へ入ってきました。
不思議ですね、本当に堺フィルハーモニー交響楽団に改めて気づかされたのでした。ナンテコッタ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。。知らなかったんです(;´∀`)

チケットは急に行けなくなったN氏から譲り受けました。。栂文化会館ホールはトロンボーン奏者向井滋春さんを初めて聴いたホールで、共に新しく気づかされることがある、とてもラッキーなホールなのです。

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
So-net無料ブログ作成