So-net無料ブログ作成

姉の二人展 [絵画]

姉が銀座で二人展をすると知らせてきました。
実は姉「保阪 公」も絵を描いていて公募展に出品し続けていますが、個展、二人展は久しぶりです。

img028c.jpg

img029c.jpg
今までの作品を出すと言ってきたので多分この作品も出品していると思います。

窓辺のメヌエット.jpg"
「窓辺のメヌエット.」100F 2019

家族のことは控えていたのですが、考えてみればこの姉の影響もあって今私は絵画制作をしているかもしれないと気づきました。
かなり年が離れていて、私がまだ小学生の時、彼女は高校生で油絵の道具を持っていて「いいなぁ~」と羨ましく思っていました。で、私も高校生になって油絵の道具を持ちました。
姉はまぁ、どちらかというと理数系で私よりかは頭が良く、何事もきちんとできる人でした。但しあくまで私と比べてなのです。。(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

私が小五か小六の冬休みに「鳥の絵を描いてきなさい」とかの宿題があったのです。乗り気じゃなかった私は、床の間に鶴のつがいが描かれた掛け軸があったのでヽ(^▽^)丿、姉に「あの鶴描いて」と頼みました「ふん[バッド(下向き矢印)]。。」となんの躊躇いもなく綺麗に模写してくれました。勿論私も何の躊躇いも後ろめたさもなく、綺麗に丸めて学校へ持って行きましたヾ(≧▽≦)ノ。なんか子供の頃の兄弟(姉妹)っていいなぁ、気楽に頼めて気楽に描いてくれるんだから♪

冬休みに描いた絵が何枚か黒板に貼られ、先生が批評しました。私の「姉の鶴の絵」もありましたが、その中に鳩小屋の中の鳩を描いた絵がありました。今もはっきり覚えています、森岡君という男の子の絵で、灰色・茶色・濃い青色等がぐちゃーと混ざって、鳩はどこに居るか判らないけれど、それは鳩小屋で中に鳩が居るだろうと感じられました。先生もこの絵はよい絵だと言って、とても褒めていました。その森岡君の絵は本当に衝撃的で鳩を上手に描かなくても鳩が居るんだと感じさせ、力強くていいなぁ~と思ったのは、姉に模写してもらった鶴の絵が対照的だったし、自分の絵じゃないと気づかされたのだと思います。それ以来姉には頼まずヾ(≧▽≦)ノ、自分で描いて、絵の具をいっぱい使ったり盛り上げたりして、上手に描こうと思わないで描くようになりました。

森岡君、もしかしたらこちらの盛岡君だったかもしれないな?小さいな背が低いけれど、しっかりした体格の男の子で、どうしてるかな?勉強も良くできたなぁー盛岡君!
この姉だけでなく他の二親等の人たちにも(どんだけいるねんヾ(≧▽≦)ノ)、色んな人の影響を受けて今、自分は在るのだと、気づかされた姉の二人展☆彡

nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

田伏勉 クレパス画展 [絵画]

田伏勉クレパス画個展とグループ展の案内です。
お近くへお出での節はお立ちより下さい。

東京銀座グループ展
tabushigg.jpg

tc.jpg


クレパス画個展
oyamacc.jpg

img027c.jpg

2020年2月27日(木)~3月9日(火)
10:00am~6:00pm (最終日は午後4時閉廊) 3月4日(水)は休廊
アートギャラリー尾山 TEL.06-6356-3361
帝国ホテルプラザ大阪2F
〒530-0042 大阪市北区天神橋1-8-40(桜広場側)

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

春日山原始林 [絵画]

奈良県春日山原始林、どんな樹々に出会えるかと行ってみました。お日様のあるとても穏やかな日でしたが、、、
IMG_1639c.jpg

春日大社への参道には、やはり神の鹿が迎えてくれます。。
IMG_1655c.jpg

お辞儀をしながら、、寄ってきます。
IMG_1643cc.jpg

角を切られた "なんだかなぁ~" の牡鹿
IMG_1634.jpg

何気ない様子の牝鹿Ψ(*_*)Ψ
IMG_1629.jpg

IMG_1666c.jpg

IMG_1663.jpg
神官さん?かなりお急ぎの様子で勢いよく走っておられました。。。師走に神走((o(^∇^)o))

IMG_1690c.jpg
天井の格子に見惚れ、雅楽が奏でられる空間かなと思えました。


奈良県春日山原始林について書かれた情報によると:
【原始林内に点在する1600本余りの春日杉は直径1m以上250年~400年生の老杉です。】
とありましたが、老杉は多く見られましたが大木はあまり見られず、台風の影響か?倒木も多くみられ、それに鹿の食害もあって?なんだか全体に脆弱な感じがしました。この樹々を維持することが難くなってきているのではと思えました。

IMG_1685c.jpg

それでも、こんな絡み合った不思議なikimonoに遭遇できましたヽ(^▽^)丿
IMG_1694c.jpg

以下は軽薄行動です。。。


nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

第九回同期展終了 [絵画]

沢山の方にお出で頂いた『第九回同期展』11月24日に終了しました。有難うございました。
今回ーハタチのコローがテーマにありましたが、私の独断と偏見で選んだ11名の作品各1点をアップします。会場に来ていただけた方はもう一度余韻をお楽しみくださいませ(*´▽`*)。。

吉田.c.jpg
【母と子(キズナ)】 533x455mm  吉田治雄

南」.jpg
【無始無終】 530x333mm 南賢

正田.jpg
【背中】 606x500mm 正田陽紀

出谷.jpg
【HAZAMA】 φ600mm 出谷和子

tabusi .jpg
【ブルージュ】 530x455mm 田伏勉

定森c.jpg
【ポーズをとる女】 910x727mm 定森満

加藤.jpg
【三兄弟】 542x392mm 加藤美彦

岡田.jpg
【アマポーラの咲く頃】 410x318mm 岡田純子

大西.jpg
【通天閣】 455x273mm 大西嘉治

岩本.jpg
【遊び心】 410x318mm 岩本かずえ 

岩崎.jpg
【二十歳の船出】 530x410mm 岩崎裕子

☆おまけ
yosiac.jpg
トップ画像【母と子(キズナ)】の吉田治雄氏のコーナーです。


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

第九回同期展会場風景 [絵画]

第九回同期展も中日を過ぎました。会場は11人の作家による多彩な作品で賑わっています。お立ち寄りください。

DSC_0449c.jpg


DSC_0476i.jpg


DSC_0477t.jpg


DSC_0474de.jpg
この円形4点は 私 出谷和子の作品【HAZAMA】です。
他の作家の作品と共にお見逃しなく、よろしくお願いします(*´▽`*)。


DSC_0472w.jpg


DSC_0471c.jpg


yosiac.jpg


安田画廊
交通 地下鉄四ツ橋線肥後橋駅下車 7番出口 徒歩5分
TEL 090-3356-4037
住所 〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目8番31号 安田ビル1F

☆今回のテーマ【ハタチのコロ】は作家それぞれに解釈されています。(;´∀`)。。

nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

第九回同期展 [絵画]

展覧会案内をさせていただきます。
毎年11月に開催しています「同期展」第九回となりました。
嘗ての日々共に未来を見据えてデッサンに明け暮れ、そんな中、楽しく面白くも過ごし、現在はそれぞれの立ち位置で絵を描き続けている、個性ある仲間達との作品展です。ぜひご高覧下さい。

doukic1.jpg
doukic2.jpg

この案内画像は昨年のテーマであった【富士山】です。
今年は【ーハタチのコロー】とかになっていますネ(;´∀`)。

nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

The Space展 [絵画]

とても良いお天気で京都市美術館で開かれている【The Space展】を観に行ってきました。

f.jpg

洋画・日本画・染・立体・水彩の作家集団で様式に囚われず、作家8人の個性が際立った興味深い展覧会でした。次回の展覧会には私も出品します。よろしくお願いします。

この日はなぜかどんな写真も撮っていないのです(;´∀`)、まぁそんな日もあっていいかなーと(≧▽≦)。。この展覧会は入場無料です、三条あたりまで行かれたら岡崎公園の紅葉も少し色付いています、お立ち寄り如何でしょう!(^^)! 11/10迄です。この後は京都の友人と埋没してしまいました(*´▽`*)


nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

大舩真言展 [絵画]

大舩真言展 「中空」が 浄土宗應典院で開かれていました。10/28日に終了しています。
【あらゆる事象の境界に立ち現れるゆらぎ(web)や空虚(void)を表現してきた】とあり
自分も境界「HAZAMA」に感じるものがあり今回の個展にも表現したかったものだったので観に行ってきました。

IMG_1455c.jpg

<text Untitled>
38cmx53cm
言葉、シート、アクリル
Words,sheets on acylic

IMG_1464c.jpg言葉:画像では判りにくいのでタイプします。

「窓、外を眺める自分 外から見える内側

  水平線は何かを分けているのか
 大地と海、水と空気はつながり合う

    光が映し出す
   暗闇の一員となる

 何かを眺めているのか、自分がその中に居るのだろうか

   往還する意識は緩やかに心の中で消えて溶けてゆき
      内側は無限の外界で満たされてゆく」


頭上からのアクリル板を避けて屈んではいると
<ロビーギャラリー>
installation Breathing
人、窓、フィルム 他
human being, window, sheet, etc 協力:國本文平 Bunpei Kunimoto

IMG_1465c.jpg

<本堂>
installation VOID
VOIDτ, φ270cm, 2018
岩絵の具 顔料 麻紙
Powdered mineral pigments on hempapaper mounted n boad

IMG_1455c.jpg

堂内は真っ暗で最初はこの球体↓↓のようなものしか見えません。目が慣れてくると上↑↑ような作品に仏様も見えてくるのです。

IMG_1451c.jpg

真っ暗な中に設置された座椅子に留まって、本当は平面の麻紙なのに、不思議な球体をみていると、青い部分は微妙に変化して青から紫にそして薄いピンクに変わり、真ん中の白い部分がちりばまれて、背骨の小さな小さな断片の様なものが沢山現れ、底面の黒い影の塊から、何かがばら撒かれてきたりします。。本当は何を見たのか何があったのか、今のところ収拾がつかない状態ですが、不思議な世界がありました。
何かこういった不思議なものと対峙するとその時は「なんなんだろう?」と思っていて日を重ねて
反芻していると、気づき何か見えてくることもあるのです。それも楽しみなのです。


應典院は大蓮寺@大阪市天王寺区下寺町の第3世に当たる誓誉在慶の隠棲所として開基された塔頭なのだそうですが、私が在籍していた高校が下寺町の寺院で授業を開始したと聞いたことはあったのですが、寺院に入ってすぐに「大阪府立◯◯◯高等学校発祥の地」と看板が挙がっていて、巡りあわせにちょとびっくりしました。調べてみると明治29年のことでした。

IMG_1476c.jpg

背後に生国魂さんの樹々と石垣が迫りとても気持ちの良い静かな墓地が広がっていました。見事です。

IMG_1469c.jpg


nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

出谷和子個展作品 [絵画]

楓ギャラリーでの『出谷和子展』IKIMONO--HAZAMA--無事終了することができました。
多くの方々にお越しいただくなか、素敵な新しいご縁もあり、作品への感想も沢山頂き、とても励みになり嬉しく思いました。。そしてお越し頂けなかったけれど気に掛けて頂いていた皆様有難うございました。未だ未だ未熟で、制作面もですが人間的にも成長しなければと想いを新たにしました。
今後ともどうぞよろしくお願いします!

IMG_1426.jpg acrylic on canvas 50x50x10mm↑
小さな作品ですが、真正面からだけではなく、少し斜めから見るとまた違った表情が見えます。
acrylic on canvas 80x60x10mm↓
DSC_0372.jpg

以下は楓ギャラリースタッフが撮影してくれた作品画像です、いままでアップしたのと同じ作品ですが辟易なされないように(;´∀`)、少し綺麗に撮れているかもですのでご覧くださいませ(;´∀`)。なかなか実物に近づかないです。。。

all.jpgacrylic on canvas 910x727mmx1枚 455x380mmx6枚 333x242mmx6枚 273x220mmx6枚
462cmの壁面に19枚のキャンバスで構成しています。


100f1.jpgacrylic on canvas 1620x1300mm

100fr.jpgacrylic on canvas 1620x1300mm

30fh.jpgacrylic on canvas 910x727mm

30ftc.jpgacrylic on canvas 910x727mm


na.jpgacrylic on canvas 400x200x40mm

aka3.jpgacrylic on canvas 227x158mmx3枚

ssg.jpgacrylic on canvas  227x227mm

daen.jpgacrylic on canvas楕円 240x180mm 500x400mm 180x120mm 60x40mm□


sankaku3.jpgacrylic on canvas 400x200mm 150mm▽  300mm▽ 200mm▽

sikaku.jpg
acrylic on canvas  227x158mm 80x60mm 50x50mm

会場風景です。
heya.jpg

coner.jpg


nice!(18)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

出谷和子展コメント [絵画]

18g.jpg

楓ギャラリーの庭からとても爽やかな風と、高い大きな花梨の木が芳しい香りを放って楓ギャラリーはまさに秋、この爽やかな香しい風と共に小品も揺れ動いて皆様をお待ちしています。
お立ち寄りくださいませ。
そんな空間に漂う出谷和子展も中日を過ぎいろんな助言コメントを頂きました。その中で私の想いを感じ摂ってくださっている文章のものを少し紹介させていただきます。

-----------------------------------------------------------------------------

c1.JPG

------------------------------------------------------------------------------

c2.JPG

------------------------------------------------------------------------------

キャプチャ3.JPG

-------------------------------------------------------------------------------

貴女の作風が大分変化しているようです。私が思うには、貴女は多分、時空の隙間から、46億年前の原始の地球の内部を覗いて仕舞ったのでしょうか(?)熱くドロドロに溶けたマグマが行き場が無くて渦をまいているような、何といったら良いのか(?)わかりませんが。

------------------------------------------------------------------------------

貴女の絵は生命の開花の神秘のメカニズムを描いた様にも見えて、今はそれが自分としては当たっているのかなと思います。

----------------------------------------------------------------------------

楓ギャラリーの前庭です。

karinkc.jpg


karinm.jpg

小品の一部です。カメラの調子が悪くシカット撮れません。作品展終わりましたらプロが撮ってくれたものをアップできるかと思っています。

151c.jpg


152c.jpg


I54c.jpg


DSC_0419c.jpg
nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
So-net無料ブログ作成