So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

姉の二人展 [絵画]

姉が銀座で二人展をすると知らせてきました。
実は姉「保阪 公」も絵を描いていて公募展に出品し続けていますが、個展、二人展は久しぶりです。

img028c.jpg

img029c.jpg
今までの作品を出すと言ってきたので多分この作品も出品していると思います。

窓辺のメヌエット.jpg"
「窓辺のメヌエット.」100F 2019

家族のことは控えていたのですが、考えてみればこの姉の影響もあって今私は絵画制作をしているかもしれないと気づきました。
かなり年が離れていて、私がまだ小学生の時、彼女は高校生で油絵の道具を持っていて「いいなぁ~」と羨ましく思っていました。で、私も高校生になって油絵の道具を持ちました。
姉はまぁ、どちらかというと理数系で私よりかは頭が良く、何事もきちんとできる人でした。但しあくまで私と比べてなのです。。(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

私が小五か小六の冬休みに「鳥の絵を描いてきなさい」とかの宿題があったのです。乗り気じゃなかった私は、床の間に鶴のつがいが描かれた掛け軸があったのでヽ(^▽^)丿、姉に「あの鶴描いて」と頼みました「ふん[バッド(下向き矢印)]。。」となんの躊躇いもなく綺麗に模写してくれました。勿論私も何の躊躇いも後ろめたさもなく、綺麗に丸めて学校へ持って行きましたヾ(≧▽≦)ノ。なんか子供の頃の兄弟(姉妹)っていいなぁ、気楽に頼めて気楽に描いてくれるんだから♪

冬休みに描いた絵が何枚か黒板に貼られ、先生が批評しました。私の「姉の鶴の絵」もありましたが、その中に鳩小屋の中の鳩を描いた絵がありました。今もはっきり覚えています、森岡君という男の子の絵で、灰色・茶色・濃い青色等がぐちゃーと混ざって、鳩はどこに居るか判らないけれど、それは鳩小屋で中に鳩が居るだろうと感じられました。先生もこの絵はよい絵だと言って、とても褒めていました。その森岡君の絵は本当に衝撃的で鳩を上手に描かなくても鳩が居るんだと感じさせ、力強くていいなぁ~と思ったのは、姉に模写してもらった鶴の絵が対照的だったし、自分の絵じゃないと気づかされたのだと思います。それ以来姉には頼まずヾ(≧▽≦)ノ、自分で描いて、絵の具をいっぱい使ったり盛り上げたりして、上手に描こうと思わないで描くようになりました。

森岡君、もしかしたらこちらの盛岡君だったかもしれないな?小さいな背が低いけれど、しっかりした体格の男の子で、どうしてるかな?勉強も良くできたなぁー盛岡君!
この姉だけでなく他の二親等の人たちにも(どんだけいるねんヾ(≧▽≦)ノ)、色んな人の影響を受けて今、自分は在るのだと、気づかされた姉の二人展☆彡

nice!(12)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

田伏勉 クレパス画展 [絵画]

田伏勉クレパス画個展とグループ展の案内です。
お近くへお出での節はお立ちより下さい。

東京銀座グループ展
tabushigg.jpg

tc.jpg


クレパス画個展
oyamacc.jpg

img027c.jpg

2020年2月27日(木)~3月9日(火)
10:00am~6:00pm (最終日は午後4時閉廊) 3月4日(水)は休廊
アートギャラリー尾山 TEL.06-6356-3361
帝国ホテルプラザ大阪2F
〒530-0042 大阪市北区天神橋1-8-40(桜広場側)

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

河瀬直美FBより [宇宙]

河瀬直美さんのFacebookよりシェアーさせて頂いた画像です。
By Olympic Film Director Naomi Kawase
次の仕事へ?コメントも流石世界の Naomo Kawaseさんだと思いますが、この海岸線の画像に強く心惹かれました。もちろん映像作家ですから当然の作品ですが。。。

宇宙から美しい星座を見降ろしているような海岸線☆彡心ときめきました。

n.kawase.JPG
画像はリンクしています。


nice!(15)  コメント(2) 

向井滋春Jazzライブ2020 [音楽]

向井滋春さんというジャズトロンボーン奏者に出会い、その楽器の不思議さに魅せられ、好きでなかった管楽器サックス・トランペットまでもその音色の虜になって7年が経ちました。

この日はJazzを聴くのが初めてという友人も混じえ、音楽通の南野ご夫妻、総勢8人でロイヤルホースのかぶりつき席で音の嵐を満喫してきました。jazzは演奏者同士が楽しそうに掛け合って音楽を作っていくのが、聴く側により面白みを増して、魅了される素敵な空間になっていくのかと思います♪

DSC_0614c.jpg

DSC_0624c.jpg
向井滋春(Tb) 

DSC_0611c.jpg
竹下清志(P) 

DSC_0616cc.jpg
荒玉哲郎(B) 

DSC_0612c.jpg
森下啓(Ds)

今夜はピアノの竹下さん、音が自由に駆け回り、力強いし華麗だし冴えて冴えて圧巻でした。荒玉さんも卓越した撥さばき流麗で繊細 向井さんのトロンボーンはやっぱり豪放で抜け落ちそうで魅力的、森下啓さんはお初でしたが情熱とそしてso cool ♪

大好きな【Dear Old Stocholm】それに向井さんオリジナル【Tone Whole 】も流れでて、こんな素敵なJazzメンと、一緒に楽しい夜を過ごしてくれた友人達に感謝ですヽ(^▽^)丿

★カメラの調子がいまいちで(;´∀`)

nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

歌劇「アイーダ」 [音楽]

今まで範疇になかったオペラを新しくなったフェニーチェ堺へ観に行きました。 

フライヤーc.jpg

昨年の夏に友人が薦めてくれた「SALOME」のDVDを観て以来オペラも面白いんだと思えていました。
この「AIDA」全4幕の演出をしている粟国淳さんは、この日東京の新国立オペラでプッチーニ の《ラ・ボエーム》の演出があったため舞台への登場はなく、お会い出来なかったのですが、オペラを勧めてくれた友人は粟国淳さんとお母さまの粟国悠子さんとは、共にイタリア在住以来の友人で、長年懇意にしていて私もお目にかかれました。美しく素敵な方で私の拙いこの日の「AIDA」や「SALOME」への想いも聴いてくださいました。この日に東京へ帰られるので、ロビーでの束の間でしたがオペラのお話も出来て楽しかったのです。

友人は招待されていて1階の特別席でしたが、私は3階の庶民席( *´д)/(´д`、)でしたが、前に席がなく舞台全体を眺められ満足でした。
IMG_1724c.jpg

写真が撮れないのが残念ですが、舞台が開けると多角形のなだらかな段差が3段あるボード?が右手に広がり、快い位置に人物が配置され、簡潔で広がりのある空間が装置されていました。
物語の内容はアイーダがエジプトで祖国エチオピアと恋人ラダメスとの間で苦悩し、ふたりで死を選ぶ物語ですが(詳しくはWikipediaででもご覧ください )いくら天国の扉が開かれ光が射しているといっても、ハッピーエンドを望むわけではないけれど、ふたりが一緒になるのは、死しかないのかなーと虚しく儚く、必ずしも死が最終手段で美しいとも思えないので、オペラは喜劇もありますが殆どが悲劇だと言われているし、この先耐えられるかなぁ~と思ったりします。でも、岩穴で最後の思いの丈を交叉させるシーンは感極まり胸に迫り来るものがありました。全ての出演者の立ち居振舞いが洗練されて美しく、歌唱も秀逸で解らないイタリア語だけど説得力がありました。
粟国淳さんが「オペラは面白い」と言っておられるのですが、確かに心打ち、垣間見られるhazamaはあります。

下記抜粋です。
agunim.JPG


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

2020年初詣 [海]

西暦2020年という年になりました。1010年また3030年という数字が並んだ年に自分は存在しなかったし、また存在し得ないと思うと、この巡り合わせの数字の年に生きていることが奇跡の様な気がします(;´∀`)。人間が考え出した数字だけれど、数字って不思議な道具だなぁと思ってしまいます。。

新しい年のご挨拶が遅くなりました。今年もよろしくお願いします。
このところ初詣は海へ出かけて自分の想いを新たにしています。

今年は神戸に滞在していて、舞子浜、須磨海岸に詣でました。
DSC_0550c.jpg

舞子浜への途中の河沿いで、鴨や鯉とも巡りあい *カモxコイ* 素敵な出逢いがあるのカモと思いました。(*^∇^)/\(^-^*)。

DSC_0488c.jpg

DSC_0491.jpgcc.jpg

鳥を撮り続けているというスッゴイ望遠レンズを付けて散策されていた方が「白い嘴の大判鴨だよ」と教えてくれました。
DSC_0482c.jpg

DSC_0502c.jpg
この位置関係がなんとも♡やりきれない(^_^)v

DSC_0496c.jpg
こちらもねっ((o(^∇^)o))

DSC_0499cc.jpg
ここも( ゚∀゚)人(゚∀゚ )

明石海峡大橋真下にある舞子浜のこんな穏やかな静かな砂浜に、不思議な驚きの流木が流れ着いていました。
DSC_0509c.jpg

DSC_0506c.jpg

たまに傍を通る人がありますが、誰も見向きもしません。う~ん、、気にならないのかな~とそれも気がかりでした(;´∀`)。
DSC_0513c.jpg


DSC_0536c.jpg

DSC_0541c.jpg


肌が触れあった暑い夏の須磨海岸の白砂に、今、遠く近く波の音だけが、小さなオーケストラとなって、第一バイオリン第二バイオリンへと流れるように移り、そこここにピッコロや、ティンパニ―も交わって飽きないステージが広がっていました。

DSC_0525c.jpg

DSC_0526c.jpg

陽も西へ。。
DSC_0553c.jpg

DSC_0564c.jpg

DSC_0566c.jpg

DSC_0587c.jpg

DSC_0600c.jpg

DSC_0607c.jpg

今年は静かな砂浜での初詣でした。どこか遠い遠い故郷の海岸から流れ着いた流木と語り、波の音に心傾けるなかで、昨年出逢えたあらゆるikimono(人間も)に感謝し、物事に、新たな気付きを大切に、既成に捉われず自分の直観を頼りに、自らの感覚を信じ進み続けるしかないと、静かに押し寄せる遠いDNAからの語り掛けに両手を合わせていました。

nice!(19)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

春日山原始林 [絵画]

奈良県春日山原始林、どんな樹々に出会えるかと行ってみました。お日様のあるとても穏やかな日でしたが、、、
IMG_1639c.jpg

春日大社への参道には、やはり神の鹿が迎えてくれます。。
IMG_1655c.jpg

お辞儀をしながら、、寄ってきます。
IMG_1643cc.jpg

角を切られた "なんだかなぁ~" の牡鹿
IMG_1634.jpg

何気ない様子の牝鹿Ψ(*_*)Ψ
IMG_1629.jpg

IMG_1666c.jpg

IMG_1663.jpg
神官さん?かなりお急ぎの様子で勢いよく走っておられました。。。師走に神走((o(^∇^)o))

IMG_1690c.jpg
天井の格子に見惚れ、雅楽が奏でられる空間かなと思えました。


奈良県春日山原始林について書かれた情報によると:
【原始林内に点在する1600本余りの春日杉は直径1m以上250年~400年生の老杉です。】
とありましたが、老杉は多く見られましたが大木はあまり見られず、台風の影響か?倒木も多くみられ、それに鹿の食害もあって?なんだか全体に脆弱な感じがしました。この樹々を維持することが難くなってきているのではと思えました。

IMG_1685c.jpg

それでも、こんな絡み合った不思議なikimonoに遭遇できましたヽ(^▽^)丿
IMG_1694c.jpg

以下は軽薄行動です。。。


nice!(15)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

垣間見れるikimono [音楽]

生の音楽を聴く機会を逃しているのですが、素晴らしいオーディオシステムをお持ちの ♪オヤッグサウンド♪ 南野勝さん宅へお邪魔してきました。何千枚というレコードが待ち受けてくれます。。

IMG_1614c.jpg

ご自慢のターンテーブル、最高峰のトーレンスプレステージが故障して入院していましたが、リンLP12というプレーヤーとSX8000Ⅱで楽しませていただきました♪♪。

lin.jpg

これは2018年かな?にリリースされた↓↓「ETREENE」というLPレコードです。ソングリストはいぜ~んのものですが、やっぱり最近の上質なピュアな音がします。。価格もお高めヾ(≧▽≦)ノ。 

IMG_1613c.jpg

以前聴いて感動したBACCHUS SWING 【YUZURU SERA】もかけて頂きましたが、同じあのシンプルな樹の音は聞こえてこないのです。

yuzyruc.jpg

そういった不思議なikimonoは、いつもいつも聴こえ見えるものではなく、南野さんのオーディオシステムに、また、以前サロメのDVDに観た、ヨカナーンの首を抱きながら、包まれた布の中には、まだヨカナーンの身体がサロメと共に在るような動きが感じられ、あーサロメはヨカナーンの首などを望んだのではなく、彼の全てを欲したのだと感じさせた、その場面をもう一度見ようと何度も何度も探したのですが、同じ動きをする場面にどうしても行き当らない、現れないのです。。嘗て当方のベランダで咲いていたゼラニュームの朱色などにも、その不思議を観させ、聴かせる、そんな力をそれらは孕んでいるけれど、聴き観る側の状況と共に、その時・際(きわ)しかないのだと、また思い知らされました。。あっーと、するりと抜け落ちるのです。

やはり南野さんのオーディオ、サロメのDVDにはhazamaの生き物を垣間見せる不思議な際(きわ)が存在する優秀な芸術作品だと思っています。

そして、、
この夏の終わりから個展をはじめ次々作品展が続き、その間に最愛の友人が急に逝ってしまったりで、心身とも疲弊し、パソコン、iPhone等も体を固める原因かと思っていますが、いろんな体の部分が悲鳴を上げている感じがしていました。
この日マッサージ師の小林 一尚さんも来ていただいていて、初めて本格的なマッサージを受けました。、今は快適に体はすっかり軽くなった模様です。

そうです、このCDは【Massarge & Spa】全く癒しの音が流れてくるのです。

massagec.jpg

右端の男性が小林師、音楽にも造詣深くやはり音に敏感で、ピアノ・ボーカルでライブもされています。

IMG_1620c.jpg

小林師有難うございました。すっかり良くなっています。
PCするとまた体固まってきます。早々に切り上げなくてはヾ(≧▽≦)ノ

nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

白いikimonoのこと [その他]

命あるものは生まれいつかは消えるけれど、生まれてきた時に持ってきた振動は、この宇宙空間に漂い続けるのではと思っています。それを魂と言うのか、あるいはエネルギーというのか、定かではないけれど、この宇宙空間に次なるものへの振動となって重なり蠢き続けるのではないかと思ったりしています。その振動が亡くなる時、この宇宙は消滅するのではないかと思えたりします。

このように命を想うことはできても、実際ひとつのikimonoが私の目の前から居なくなるという現実は、以上の想いに全てを委ねることが出来ないものがあります。私にはやっぱり視・聴・嗅・味・触の五つの感覚があり、それ以外の感覚もあるのです。それを持ってして今私はここに在り、外界を認識していると思うのです。この私の感覚に触れることが亡くなるという事実が起こることがあるのです。

DSC_0474c.jpg


以下は自分自身への述懐です。


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

第九回同期展終了 [絵画]

沢山の方にお出で頂いた『第九回同期展』11月24日に終了しました。有難うございました。
今回ーハタチのコローがテーマにありましたが、私の独断と偏見で選んだ11名の作品各1点をアップします。会場に来ていただけた方はもう一度余韻をお楽しみくださいませ(*´▽`*)。。

吉田.c.jpg
【母と子(キズナ)】 533x455mm  吉田治雄

南」.jpg
【無始無終】 530x333mm 南賢

正田.jpg
【背中】 606x500mm 正田陽紀

出谷.jpg
【HAZAMA】 φ600mm 出谷和子

tabusi .jpg
【ブルージュ】 530x455mm 田伏勉

定森c.jpg
【ポーズをとる女】 910x727mm 定森満

加藤.jpg
【三兄弟】 542x392mm 加藤美彦

岡田.jpg
【アマポーラの咲く頃】 410x318mm 岡田純子

大西.jpg
【通天閣】 455x273mm 大西嘉治

岩本.jpg
【遊び心】 410x318mm 岩本かずえ 

岩崎.jpg
【二十歳の船出】 530x410mm 岩崎裕子

☆おまけ
yosiac.jpg
トップ画像【母と子(キズナ)】の吉田治雄氏のコーナーです。


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
So-net無料ブログ作成